本文へジャンプ
 

2018-19 MODEL 情報☆G3 Bindings 「ZED」

こんにちは!

ひさしぶりの投稿となります!

ビスの一本から軽量化に挑んだ
G3 「ZED」の展示用サンプルが神田本館に入りました!
 

zed 1.jpg

従来のモデルに備えてきた使いやすさを受け継ぎ
軽さを追い求めたモデル。

 

zed 2.jpg

 

zed 3.jpg

 

試乗会でも注目を集めておりました。
ZEDにはもっとロングツアーを楽しむ人、
より遠くへ歩みを進める人に向けられた
快適への思いがこもっております 。

神田本館へお立ち寄りの際は
どうぞお気軽に実物をお確かめください!

G3 金具 「ION」新機能のご案内

G3のIONシリーズをお買い上げのお客さまにお知らせです。

IMG_20171227_111637_247.jpg


 17-18MODELで新たに改良された部分の使い方に関する情報がアップされました。

歩行時にヒールが回転して滑走モードに戻ってしまうのを防ぐ機能が追加されています。
そのためヒールピースを滑走モードに戻すためにはヒールピースが押し込まれた状態のままでは
ロックが解除できないので、ヒールピースを上方向に必ず引き上げて(約5mmほど)から
回転させる必要があります。

Lmighty-g3 ion.jpg

<ヒールサポートのツアーモードロック機能>
ツアーモードにするためにヒールピースを横方向に回転させた後、
上から手で押さえつけると5mm程ヒールピースが下がります。
そうするとロックがかかり、ヒールピースが回転しなくなります。

この機能によって、ツアーモードで歩行中に誤作動でスキーモードへ
戻ってしまうことを防ぎます。
スキーモードへ戻す際は、ヒールピースを手で持ち上げてから回転させてください。


 下記動画より操作方法が確認できます。ご参考にしてください。

 

 

TNFウェア展示会 土日限定 フィッシャー山岳&ツアースキー展示中です

THE NORTH FACE b.c.map club 神田店です。

☆スノーウェア展示会 ただいま開催中☆

本日は同時開催しております
フィッシャー山岳&ツアースキーも
宜しければご覧ください!

IMG_20170820_132653_221.jpg


写真は TRANSALP 80 です。

170cmで1,080gという ツアー用としての軽量感と、
ゲレンデスキーとしての 滑走性を追求したモデル。

IMG_20170820_132720_265.jpg



Radius:17.5m/170cm
サイズ:156,163,170,177cm
Sidecut :111-80-104mm

グンっと押し返してくる「張り」もあり。
高速安定性も備えた1本です。

宜しければ、どうぞ店頭にて実物をお確かめ下さい!

 

 

ベースレイヤー使用レポート THE NORTH FACE

こんにちは!
THE NORTH FACE b.c.map club 神田店です!

四季を通じて
汗処理には大事なポジションの一つ
ベースレイヤー!

今日はTHE NORTH FACEから発売中のベースレイヤーを
こんなスタッフが使ってみた~という
簡単なレポートです!
少しでもご参考にして頂けたら幸いです。

#ランニング (昼夜あり)←1番比率高い
#トレイルランニング
#山スキー #山岳スキー(←最近始めました)


私は全体がメッシュ状に出来ていて
0.5層といわれる薄いベースレイヤーを使ってみました。

12月からここ最近までの環境で
使ってきた感想です。

IMG_20170320_142625_457.jpg

☆化繊ポリプロピレンがメインで出来ている
Hybrid paramount Mesh

IMG_20170320_142712_778.jpg

特に強い運動強度などでガッツリ汗をかく時は、メインのシャツが肌離れしてくれて
使い易かったです。
途中で写真撮りたくて足を止めると、ウェアの外から冷えてくる感じが強かったですが
ドライ感が継続しているのか、困るほどではありませんでした。

「Hybrid」はストレッチ素材を組み合わせて作られており、体の動きに追随しやすく
仕上がっています。 

IMG_20170320_142649_225.jpg

☆ウールとポリプロピレン、ナイロンを使用した
paramount Wool

IMG_20170320_142712_770.jpg

行動時間が長くても、運動強度が低めてそれほど汗をかかないときが
一番快適で、重ね着したウェアの温かみがでてるなぁと実感しました。
この薄さにしてウール感が出ている良い1枚でした。

試しに、これでガッツリ汗をかいてみた事があります。
飽和状態が長く続き、それで汗冷えを起こすことが多々あり。
走っていても、風があたってくるところから寒さを感じました。
ウールはその柔らかさゆえか、結構ヨレるのが早いです。

書いていて気づきました。「Hybrid」ではないので
ヨレやすいのかもしれません。
ランニングなど激しく動く運動には耐久力が欲しいところです

そして丁寧なお洗濯が望ましいと思います。 
これもヨレさせた原因かもしれません・・・ 

これから春、梅雨、夏へと季節が変化していく中で
体験できたことをまた書けたら・・・と思います。

以上簡単ですが、レポートでした~ 

THE NORTH FACE b.c.map club 神田店 ないとぅ 

製品紹介 OUTDOOR TECH

THE NORTH FACE b.c.map Club 神田店です!

水と衝撃につよいスピーカーブランド「OUTDOOR TECH」は
雪上のアクティビティではどれだけ活躍するのか!?

気になったため
先日のかぐらBC試乗会に投入してみました!

IMG_20170310_183514_971.jpg
投入モデル:タートルシェル3.0

使用期間:2日間
初日は4時間くらい
ずっとではないですが雪の上に置いてみたりしたことで
冷えて稼働しなくなったのか
それとも充電不足だったのか

 

 

IMG_20170310_184000_617.jpg


・・・おそらくその両方だったのではないかと考え

この日の夜、宿ではバッチリとフル充電して明日に臨みます。

2日目は6時間
試乗会が終わって、オフにするまでバッチリ音を出してくれました。
あまり雪上に直におかないで、テーブルの上など
直接冷やさないようにして使用したのが良かったのかもしれません。
あとはフル充電が出来ていたからでしょうか・・・

IMG_20170310_182737_542.jpg


ラインナップは
小型から大型まで
色々選べます。

写真右の四角いアイテムは
モバイルバッテリ「KODIAK2.0
アイフォン約3回分チャージ可能。
battery切れの心配もこれでカバーできます。
これも防水仕様です。

冬は雪
春は桜
夏はテントで星空
秋は紅葉 など

お気に入りの景色の下で
好きな音楽とともに
アウトドアを楽しみたいときに
オススメのアイテムです。

※音量などには周りのご配慮をお願い致します!

 

 

ページトップへページトップへ